TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故の種類

交通事故の種類

私たちの暮らしの中で、自動車は切り離すことが出来ない生活の一部になっています。そんな生活の中で、交通事故もまた切り離そうとしても切り離せない状況にあると言えます。交通事故に遭う(起こす)ことによって一歩間違えれば、私たちも被害者に、そして加害者になり得るからです。

交通事故の種類、大まかに分類すると物損事故と人身事故に分類されます。物損事故は物を壊すのみで怪我人を出さない事故です。人身事故は怪我人を出してしまった交通事故です。

物損事故の場合、自分自身が怪我をすることがあっても他人に怪我を及ぼしていなので、まだ救われるところがあると思います。例えば自動車を運転している途中、雪でスリップしガードレールとぶつかり壊したとします。運転手本人が怪我をしたとしても単独事故とみなされ、警察に傷害の申告をしなければ物損事故と扱われるわけです。


物損事故で一番怖いのは、二次災害の危険があるということです。物損事故で動かなくなった自動車に後続の自動車が衝突し、さらに被害状況を拡大させる可能性があります。運転手本人(同乗者)が怪我をしていなければ、警察が来る前に三角停止板・非常灯などを用いて、後続の自動車に異常事態を知らせる義務があるのです。

ちなみに、物損事故の正式名称は「物件交通事故」(道路交通法にて)と言います。
人身事故の場合、物損事故と違い大きな傷跡を残す結果になり得ます。交通事故に遭われた方は被害者になります。被害者が軽症ならまだ救われる部分もありますが、被害者が亡くなられると社会的・人道的にも大きな負担にならざるを得なくなります。被害者はもとより、加害者も…

人身事故で一番非道な交通事故は、危険運転致死傷罪です。
危険運転致死傷罪に当てはまる事故…お酒を飲んで酔っ払った状態での人身事故・薬物をした状態での人身事故・速度制限を著しく逸脱した状態での人身事故・無免許による人身事故・暴走運転(信号無視など)による人身事故等々…

危険運転致死傷罪、以前これらの罪状すべてが業務上過失傷害に適用されていました。最長でも5年の懲役刑でしかありませんでした。被害者の側から見ると、これだけ理不尽なことはなかったと思います。現在は、最長で20年の懲役刑に改正されましたが、亡くなられた人のことを考えれば、それでも納得できないと思います。

交通事故に遭遇しないために、いつもきちんと安全運転を心がけていても、相手の不注意で交通事故になってしまう場合もあるわけです。そう考えると、暮らしを便利にした自動車の別の有り方を探っていかなければならない状況になっているのではないでしょうか。

pagetop
前のページ
1