TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故治療はいつまで受けられるの?

交通事故治療はいつまで受けられるの?

治療する方法によっていつまで受けられるか異なる

交通事故のケースは様々で、そのケースによって保険が降りるか否かや第三者(加害者)が治療費を負担するかなど、状況も変わってきます。

そして、交通事故治療がいつまで受けられるかというのは「治療費を誰が負担するのか」ということが大きく関わってきます。

a)労災保険を適用する場合

労災保険を用いて治療を受ける場合、傷病が治癒するまで補償されます。ここで言う治癒というのは治療してもその効果が認められない状態を指します。症状固定とも言われます。つまりは病院で治療しても効果がなくなるまで、治療を受けることが可能です。

b)加害者(もしくは加害者が加入している保険会社)が負担する場合

この場合は完治するか、保険会社から治療費を打ち切られるまでとなります。完治していないのに打ち切られるというのは理不尽にも思えますが、治療方法が適格でない場合ありえます。もし症状が完治しなければ、その症状について賠償請求する後遺障害等級認定が必要です。

c)治療費を自己負担する場合

治療費を全額自己負担、もしくは国民健康保険によって3割負担する場合は特に制限はありません。しかし、交通事故治療は労災保険による負担や加害者側の負担もあることがほとんどなので自己負担は最終的な手段といえるでしょう。また、国民健康保険を使う際には、第三者による負傷において、手続き無しでは健康保険が使えないことに注意です。交通事故は第三者による負傷に当てはまります。なので、自分の加入している保険に「第三者行為による傷病届」という申請書類を提出しなければなりません。その手続を行うことで健康保険が使えるようになります。

pagetop