TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故の後遺障害等級14級について

交通事故の後遺障害等級14級について

後遺障害等級14級とは

後遺障害等級認定の中で一番低い等級であるとされているのが14級です。しかし、一番低いと言っても14級取得の有無は、およそ100万円の差にもなりかねません。

14級の認定条件は、以下9つのうち一つでも当てはまる症状があれば認定となります。

1.一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
2.三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
3.一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
4.上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
5.下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
6.一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
7.一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
8.一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
9.局部に神経症状を残すもの

後遺障害とは・・・交通事故による傷害の回復が見込めない状態で、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものです。交通事故と傷害の因果関係や医学的に認められるなどの条件もあります。

後遺障害に認定されたならば、損害賠償請求を行うことができます。

慰謝料の相場

後遺障害では、精神的苦痛を保証するお金である、慰謝料の請求を行うことができます。自賠責保険による14級の慰謝料は32万円と決まっています。自賠責保険とは法律で自動車やバイクを使用する際に加入が義務付けられています。

ただ、この32万円というのは14級の慰謝料の最低基準とされていて、基準によっては110万円と3倍以上になることもあります。このように100万円以上の差がつくこともあるので、必要に応じて、専門家に相談しましょう。

pagetop