TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故の後遺障害等級14級9号について

交通事故の後遺障害等級14級9号について

後遺障害等級14級9号とむち打ち症

自賠責の後遺障害等級は1級から14級に分類され、さらに各等級ごとにも障害を負った部位によって分かれています。

14級は9段階(1号から9号)存在し、14級9号は「局部に神経症状を残すもの」とされています。そしてこの14級9号はむち打ち症と深い関係があります。

むち打ち症は交通事故の後遺症として最も有名で、主な症状で首・肩・手の痺れ、握力低下などがあります。これらの症状は14級9号の「神経症状」に該当します。したがってむち打ち症で14級9号に認定されることが多くなっています。

14級9号は認定時のトラブルが多い

14級9号は後遺障害等級認定時にトラブルが起こりやすいと言われています。例えば、神経症状は外見から明確に判断しにくいため、交通事故との因果関係がないとみなされることがあります。因果関係がないと後遺障害として認定されません。

また、自覚症状(=本人が感じる症状)があっても、医学的な説明ができないと、14級9号に非該当になるケースもあります。治療期間が短い、通院の頻度が低いということがあるとこのケースに当てはまります(治療する必要がない、つまり神経症状がないと判断されるため)。ちなみにMRIなどの画像や検査などで客観的に神経症状が認められると12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」に認定されます。

14級9号認定の際におけるトラブルに巻き込まれないためには、自覚症状を正確に伝える、通院実績を作る、証拠となる書類を適切に作る、ということに気をつけましょう。また、トラブルに巻き込まれたと思ったら、弁護士や医師などに相談するということも忘れないでください。

pagetop