TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故後は患部を冷やす?温める?

交通事故後は患部を冷やす?温める?

交通事故直後は患部を冷やすといい

交通事故直後は、患部を冷やすようにするといいでしょう。温めた方がいいのではと思って間違ってしまう方もいますが、交通事故の直後は、温めるよりも、冷やすと効果的なのです。

事故からあまり日数がたっていないと、患部はまだ熱を持っています。その熱を持った状態のところに、温かいものをあてたり貼ったりしてしまうと、患部はもっと炎症がひどくなってしまう恐れがあるのです。

炎症が特に強く出る1~3日の間には、冷やす事をおすすめします。氷のう、あるいは氷をビニール袋に入れ、15分間あてるだけでも効果があります。湿布もいいですが、長時間貼らないように気を付けましょう。長時間張ってしまうと、逆に患部を悪化させてしまう恐れがあります。冷やす方が効果があるといっても、その時間はほどほどにしておきましょう。

あまりキンキンに冷やしすぎると、患部にとっては刺激が強い場合もあるので、様子を見ながら上手にやっていきましょう。水で濡らしたタオルをあてるだけでも、患部の状態が和らぐ場合もあります。

温める方がいいケース

温めるのが完全に悪いというわけではありません。温めると、身体の血行も良くなり、回復が速まる事も期待できます。事故直後は、まだ血液の流れを良くする必要はありませんが、回復に向かっている時には、血行を良くしておいた方がいいのです。

事故から1~3日が経過して、そろそろ患部の様子も落ち着ていてきたと判断される場合には、温めるといいでしょう。一番おすすめのタイミングは、事故から一週間以降経過した後です。

この頃には、もうだいぶ患部の熱もひいてきて、温めて熱を加えても、あまり支障がない場合が多いです。お湯で濡らしたタオルをあてるのもいいでしょう。熱湯はかけないようにしまします。

pagetop