TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故後に嘔吐したら

交通事故後に嘔吐したら

交通事故直後に吐き気を催す事がある

不思議だと思うかもしれませんが、交通事故直後に、吐き気に悩まされる方も少なくありません。そして中には、本当に嘔吐してしまう方達もいます。

交通事故直後に吐き気を感じるのは、精神的なものが関係しているケースもあります。例えばストレスです。交通事故による身体のつらい症状でストレスがたまり、その精神的ストレスで、神経がいつもより過敏になってしまい、吐き気を感じてしまうのです。

これは、交通事故に遭っていない方でも、会社に行く前や、学校に行く前、大きな不安やストレスを抱えていると、嘔吐したくなる事がありますが、そのような状態とよく似ています。その人の体質によっては、ストレスや緊張を感じると、吐き気を感じてしまうのです。

ストレスによる胃炎や胃酸過多

交通事故によるストレスで、胃に負担がかかってしまい、胃炎になってしまう方もいます。胃に炎症があると、食後に吐き気を感じたり、嘔吐しやすくなる場合があります。これは、ストレスが関係して、胃に負担がかかり、炎症を起こしてしまうのです。

また、胃の状態があまり良くないと、胃酸が通常よりも多く分泌されてしまい、それによって、嘔吐してしまうケースもあります。本来、胃酸というのはあまり大量に分泌されてはいけないものです。

すぐに病院へ行こう

もしも交通事故直後に嘔吐してしまったら、すぐに病院の医師に相談するようにしましょう。事故直後に、病院できちんと検査を受けていた方であれば、何かあれば、すぐに医師の診察を受ける事ができるはずですし、原因もすぐに特定できます。原因不明の嘔吐の場合でも、その日の気圧や天候などによっても症状が出る事があります。

いずれにしても、自己判断は危険ですので、必ず病院の医師に相談するようにしましょう。

pagetop
次のページ