TOP交通事故治療の基礎知識>損賠賠償について

損賠賠償について

交通事故による損害は大きく2つに分けられます。

1.人的損害
a)「傷害」 b)「後遺症障害」 c)「死亡

2.物的損害
a) 修理費 b) 保険に評価損

ではそれぞれについて詳しくご説明します。

【人身事故による損害】
事故によって被った損害のすべてが認められるわけではなく、相手との因果関係によって受けた損害のみ認められます。

a) 傷害による損害
治療費・マッサージの施術費用・入院室料(個室は医師が認めた場合のみ)・付添看護料(職業的な場合は実費・近親者の場合は一定の定額)・入院雑費(入院1日につき一定の金額)・医師、看護師への謝礼(認められる傾向にある)・通院交通費(タクシーも認められる場合もある)・救護費用(救助、現場での応急処置、病院までの搬送費)・休業補償費(仕事を欠勤したために生じた金銭的な損害)・慰謝料(精神的・肉体的な苦痛に対する金銭的な損害)

b) 後遺症による損害
◎傷害が治癒しても症状固定として障害が残ること。
◎身体の一部を失う
◎体に跡が残り、労働機能が前より著しく戻らない場合の補償(逸失利益)
◎介護料・慰謝料(後遺障害分)・逸失利益(将来の収入減少額の補償)
◎もし障害が残り、普通の生活ができなくなった場合・・・家の改造費や車の改造費なども請求対象になります。

c) 死亡による補償
逸失傷害・慰謝料・葬儀代、死亡するまでの治療費や救護費などを合わせた損害。

※逸失利益とは・・・・元気で働いていたとしたら、将来得られたはずの収入から生活費を引いた金額のこと。(定年まで働いていたと仮定しての退職金も対象となる)

【物損事故による損害】
物的損害は、被害者の車が破損(全損)した場合の損害と事故暦によって車の評価が下がってしまう損害があります。
(破損=修理費、全損=その時の車の時価で賠償)

a) 修理費
車の修理代・修理不可能の場合は買い替え費用・代車代(修理中の代わりの車)・休車代(破損した車が営業車だった場合)・レッカー代・建物などの損害(建物を破損した場合)・メガネや衣服(事故当時被害者が身につけていたもので損害があった場合、時計なども含まれる)

b) 保険に評価損
保険に評価損とは、事故歴がつくことよって車の評価下落分(車両保険)に対する損害の事を言います。

<損害賠償請求権の時効>

損害賠償請求には時効があります。加害者が判明しているときは事故から3年、ひき逃げなど加害者が判明していないときは事故から20年です。
保険会社では請求権の時効が2年のものもあるので、治療が長引いているときは時効にご注意ください。
その場合は「時効の中断」の請求をします。
その方法については別途記載しておりますので、そちらをご覧ください。

自賠責保険の時効
事故翌日から2年、後遺症が残り「症状固定」の翌日から2年、死亡は死亡日翌日から2年です。
2年以内に請求できないときは「時効中断届」を提出して時効を中断させます。

任意保険の時効
加害者の任意保険に対する損害賠償の請求権の時効は3年です。
被害者側の加入している任意保険への請求権は2年で時効になります。
任意保険の契約者は事故後60日以内に事故の報告をしなければなりません。
裁判での判決・示談などで保険金の支払いが生じる場合は2年以内に請求をする必要があります。

pagetop
3