TOP交通事故治療の基礎知識>交通事故保険の種類

交通事故保険の種類

交通事故に遭って初めて実感することがあります。それが保険です。たとえ被害者・加害者でも、保険がなければ路頭に迷う可能性もあります。ここでは、保険の種類について少しでも参考になればと思います。

◆自賠責保険
不幸にして交通事故に遭ってしまった方が泣き寝入りをしないために、最低限の保障がうけられるように国が始めた保険です。公道を走るすべての車、バイクに加入するように義務付けられています。
自賠責保険は「人身事故」の場合にしか適用されません。自分の車や相手の車の修理費などは任意保険を使わないとなりません。
自賠責保険は「他人に対する必要最低限の保険」と考えてください。
通常の傷害(ケガ)の場合は120万円が限度額で,死亡事故の場合には3000万円が限度額です。後遺障害が残った場合には等級に応じて、後遺障害分として75万(14級)~4000万円(1級)が限度額となります。

◆任意保険
自賠責保険ではカバーしきれない賠償額を任意保険で支払うことになります。
任意保険は「人身事故」「物損事故」の両方に対応しています。
自賠責保険で損害賠償をうける場合の最高額は120万円です。
120万円なんてあっという間に使ってしまいます。
限度額を超えた金額を賠償してくれるのが任意保険です。
任意保険に入っていなければ自分で支払うことになります。
自賠責保険ではカバーできずに、任意保険を使うケースが大変多くなっています。

◆政府保障事業
自賠責保険は強制的に入る保険ですが、任意保険は任意ですので、必ずしもみなが入っているとは限りません。また自賠責保険さえ、期限が切れていたりしている場合があるかもしれません。政府保障事業という制度を利用して政府(国土交通省)に請求をすることができます。

損害賠償請求権の時効
損害賠償請求には時効があります。加害者が判明しているときは事故から3年、ひき逃げなど加害者が判明していないときは事故から20年です。
保険会社では請求権の時効が2年のものもあるので、治療が長引いているときは時効にご注意ください。

自賠責保険の時効
事故翌日から2年、後遺症が残り「症状固定」の翌日から2年、死亡は死亡日翌日から2年です。
2年以内に請求できないときは「時効中断届」を提出して時効を中断させます。

任意保険の時効
加害者の任意保険に対する損害賠償の請求権の時効は3年です。
被害者側の加入している任意保険への請求権は2年で時効になります。
任意保険の契約者は事故後60日以内に事故の報告をしなければなりません。
裁判での判決・示談などで保険金の支払いが生じる場合は2年以内に請求をする必要があります。

pagetop
4