TOP後遺症とその治療について>むち打ち症に多く見られる症例

むち打ち症に多く見られる症例

みなさんはむち打ち症という言葉を聞いて、どのようなことを感じるでしょうか。

最も多く感じるイメージは交通事故かもしれません。

事実、日本で起こる交通事故は年間約100万件発生していて、その約70%の人がむち打ち症を発症しているのです。

そしてむち打ち症は本来「外傷性頚部症候群」と病群で、その病状は「頚椎捻挫・後頚部交感神経症候群(バレ・リュウ型)・神経根症・脊髄症・脳脊髄減少症」に分類されます。

その中で、最も発症している病状は頸椎捻挫です(全体の70~80%を占めます)。

○頸椎捻挫…

何かしらの衝撃を受けることで、筋肉や靭帯に炎症(首から肩にかけて)を発症します。
そして初期の頸椎捻挫で早急に治療をすれば、(むち打ち症にしては珍しく)比較的早期に完治します。
しかし頸椎捻挫の治療が遅かった場合(症状の悪化)、後頚部交感神経症候群(バレ・リュウ型)を発症することになります。

○後頚部交感神経症候群(バレ・リュウ型)…
後頚部交感神経症候群(バレ・リュウ型)は自律神経に支障(異常)をきたす症状で、「めまい・耳鳴り・難聴・吐き気・目のかすみ・後頭部の痛み」といった症状を発症してしまいます。
そして後頚部交感神経症候群(バレ・リュウ型)を発症してしまうと、緩和(完治)するのに時間を要することになります。

とにかくむち打ち症(外傷性頚部症候群)は、症状が進行しないうちにちゃんとした治療をすることが大事なのです。

ちなみにむち打ち症は、交通事故や外傷(スポーツ障害)で発症するわけではありません。

階段でつまずく/首の骨をポキポキ鳴らすといったことでも、むち打ち症を発症してしまうのです。

pagetop

▽スポンサードサーチ