腰痛の場合

一般的に腰痛の一番の原因は、自然治癒力の低下にあると言われます。
また腰痛は、身体全身の骨格の歪みが腰椎に集中したものと考えられています。そして、腰痛に悩んでいる方は、様々な悪循環の巡り合わせに苦しみ続けることになります。
悪循環の最たるものとして「電気が走るように腰に痛みを感じてしまう」「少しでも腰を曲げると重い痛みが走る」「立ち上がる度に腰が痛くなる」「ずっと立った姿勢でいることが難しい」等々…つまり、骨格全体のバランスの崩れから、腰痛になってしまったという事実があるわけです。

みなさん、これは何かの症状に類似していると思われませんか。そうです、これはむち打ち症と同じ症状なのです。
むち打ち症は頸椎捻挫と称されるように、上半身にばかり痛みが集中していると思われがちです。しかし、むち打ち症による痛みの42%が腰痛にあると報告されています。
むち打ち症による腰痛には、現代の進歩した医学においても不明な点が多いと言われています。強い外傷によって腰痛を発症するのはわかります。しかし、腰にさほど強い外傷が見られなくても、数週間経ってから頑固な腰痛に悩まされる場合もあるからです。

むち打ち症の腰痛の主な原因として、急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)が挙げられます(椎関関節とは、それぞれの背骨の左右にある関節を指します)。
例えば「これくらいの荷物なら、すぐ持ち上げることができる」と思い、一気に持ち上げた瞬間、腰に電気が走り一歩も動けなくなる…これがギックリ腰なのですが、むち打ち症の場合、外部から強い衝撃によってギックリ腰と同じような症状が表れるわけです。

むち打ち症による急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)の痛みは、時間を追ってドンドン酷くなる傾向にあります。その痛みがなかなか治らなければ、慢性化の痛みになる恐れがあります。しかし、その場合は急性的椎間関節捻挫(ギックリ腰)以外に循環障害も原因の1つと考えられています。
むち打ち症による腰痛の原因として、棘間靭帯(きょくかんじんたい)・棘上靭帯(きょくじょうじんたい)の損傷も挙げられます。棘間靭帯・棘上靭帯の損傷とは、背中のでっぱった部分にある靭帯が何らかの強い衝撃によって、部分断裂や炎症を起こしてしまう症状です。

むち打ち症による腰痛は、悪循環が重なれば入院治療はもとより、身体の麻痺に関わる症状になり得ます。早期治療は当然のこと、痛みが激しければ絶対安静を心がけてください。

pagetop
7

▽スポンサードサーチ