後遺症の恐怖

自動車と人、自動車とバイク、バイクと人…追突事故はもちろん、ちょっとした接触事故にしても、心身に受ける影響は想像以上に大きいものです。
事故後、身体に不調をきたすこともなく平穏に過ごしていても、不意に表れる後遺症。また事故によって、身体に不調があるにもかかわらず、病院の検査では「まったく異常は見られません」と。その結果、身体の不調を見つけるために病院を渡り歩いてしまう…何年も通院していても、一向に症状は良くならない。

仮に身体に異常がなくても、交通事故で受けた精神的恐怖体験がトラウマになってしまい、このような症状が引き起こされているのかもしれません。交通事故の後遺症は、自分自身が思っている以上に、身体・深層心理に恐怖を与えていると言えます。
そして交通事故による恐怖、一番頻度の高い後遺症はやはりむち打ち症です。もちろん交通事故以外、例えばスポーツをしているとき、激しく衝突してもむち打ち症になることもあります(私は学生時代、アメリカンフットボール部に所属していて、むち打ち症が原因で選手からマネジャーにならざるを得なった経緯があります)。

交通事故が原因でむち打ち症になってしまった場合(交通事故の大きさにもよりますが)、事故直後はむち打ち症の症状が出ていなくても、数日経過して、徐々に痛み出す可能性も往々にしてあります。
むち打ち症という得体の知れない恐怖、この恐怖に被害者(遭遇者)は高い確率で悩まされます。むち打ち症は極軽度な症状ならある程度の治療期間で治りますが、治療の経過が思わしくなければ、慢性化する恐れもあります。そうなってしまえば、一生悩まされることになってしまいます。

慢性化を発症してしまうむち打ち症、こういったむち打ち症の場合、ある程度時間が経過してから痛みを発症させる場合が多いようです。時には鈍痛でなく鋭痛に見舞われることもしばしばあるようです。
当然のことですが、すぐ病院で検査を受けなければいけません。どんな病気にも言えることですが、早い段階で適切な処置を施さなければいけません。

むち打ち症の本当の恐怖はここにあります。処置が遅れることによって慢性化→持病になり、一生涯、痛みに怯えながら生活せざるを得なくなるからです。
後遺症の恐怖=むち打ち症、交通事故に関わらず首・腰に強い衝撃を受けた場合、自分では違和感がなくても、まず病院で診察や検査を受けるべきです。

pagetop
前のページ
1