TOP後遺症とその治療について>医療機関を変更する判断基準

医療機関を変更する判断基準

交通事故に遭ったと同時に、被害者は治療院/病院などの医療機関に通院することになります。

しかし通院を続けるにつけ、あることに悩み考える人も現れてきます。その悩みとは「転院」です。

では何故、その被害者は転院を悩み考えるようになったのでしょうか。そこには、3つの理由があると考えられます。

○2週間以上経過しても、症状が改善されない場合…

交通事故損傷の場合、普段の生活環境で起こる腰痛などの痛みと異なり、外部から大きな衝撃を受けたことによって起こります。

それ故、時間が経てば経つほど、損傷の治癒が非常に難しくなるのです。だから、短期間でも転院を考える必要があるわけです。

○痛みがあるにも拘わらず、異常なしと診断された場合…

交通事故による損傷…特にむち打ち症は骨の微妙なズレによって発症するため、レントゲンだけを診て「異常なし」と判断されれば…その医療機関に対して、疑心暗鬼になってしまいます。

○リハビリ開始を待たされる場合…

しっかりした改善を求める場合、どうしても急性期のリハビリ施術が求められます。リハビリの開始が待たされるということは、急性期を見過ごすことになりかねません。

転院をすることは、決して悪いことではありません。
(※日本でも、やっとセカンドオピニオンが認められるようになってきました。)

すべては、「自分自身の損傷を1日でも早く治癒したい。」という気持ちの表れに過ぎないのです。

pagetop
7

▽スポンサードサーチ