TOP後遺症とその治療について>漢方治療の場合

漢方治療の場合

むち打ち症患者にとって病院の迅速適切な治療は、症状改善に必要なのは言うまでもありません。ネックカラー(首のコルセット)・湿布薬・鎮痛薬…今まではこのようなものが処方されてきました。しかし、最近の病院の処方も徐々に変化を見せ始めています。それが漢方治療と呼ばれるものです。

漢方治療と聞いて、みなさんは何を連想されますか。私は真っ先に葛根湯(かっこんとう)を連想します。実際、我が家には大量の葛根湯が常備薬として置いてあります。すでに先入観が植え付けられているのかもしれませんが、本当に良く効く薬です(処方すれば治ってしまう)。
その漢方治療がむち打ち症の様々な症状、頭痛・首の痛み・腕のしびれや耳鳴り・めまい・視覚障害などに有効な手段として処方されているのです。

漢方治療は、東洋医学の原点とも評価されています。発祥の地は中国、民間療法の1種なのですが、医学的知識が確立されていない時代から飲まれていました。例えるなら「~を煎じて飲めばすぐ治る」というように、薬草的なものの時代からでしょうか。日本に伝達されたのは平安~室町時代にかけてと言われています。
漢方治療は副作用を伴わないものとして、患者様に対して非常に強い安心感を与えています。しかし、単独で服用してしまうと危険性を伴う生薬も一部あるため、漢方専門医に薬を調合して貰わなければなりません。むち打ち症の場合も同様です。むち打ち症によって頭痛・吐き気に悩まされているなら、生薬を何種類か調合してもらうことで、1つの薬として服用できるようにしてもらいます。
つまり漢方治療は、患者様個々の体質や症状に対して様々な成分を含む生薬をミックスし、患者様個人に一番適切な薬を作ることが可能なのです。
また、漢方治療はすぐに効果が期待できるかと言われれば…確かに即効性という部分では、効果はあまり期待できません。しかし、漢方薬を服用し続けることによって、必ず効果を発揮します。身体の内部から改善を試みることは、むち打ち症にとっても新たな切り口となって改善回復の役に立っているのです。もちろん、後遺症に対する再発・予防にも効果的と言えます。

このように、むち打ち症などの症状に関わらず健康=病気への関心が高まるにつれて、漢方治療を希望する人は増加の一途を続けています。実際日本でも、健康保険適用の漢方薬が百数十種類にものぼっています。漢方治療が、あらゆる病気の治療に役立っているのです。

pagetop
4

▽スポンサードサーチ